BE:FIRST(ビーファースト)シュント(久保舜斗)の実力とプロフィール

BE:FIRST(ビーファースト)シュント(久保舜斗)の性格は?甘えん坊? シュント

SKY-HI(日高光啓)主催のボーイズグループ発掘オーディション”THA FIRST”(ザファースト)から誕生し、令和3年8月13日にプレデビューを果たしたBE:FIRST(ビーファースト)。

個性豊かな7人のボーイズ達が集結したグループのメンバー、シュントの実力とデビュー獲得までの経歴を調べました。


BE:FIRST(ビーファースト)シュント(久保舜斗)のプロフィール

BE:FIRST(ビーファースト)シュント(久保舜斗)の実力とプロフィール

名前      久保 舜斗(くぼ しゅんと)

生年月日    2003年9月1日

出身地     愛知県

身長      174センチ

趣味 特技   スケートボード、アニメ鑑賞、昼寝

オーディション時にSKY-HIから「天才」と言われた若き才能の持ち主です。

シュントのパフォーマンスで特に魅力的なのは、特徴的なエッジボイスです。


エッジボイスとは?

「エッジ」とは、キワ、ギリギリの端という意味で、声帯を閉じて声をだすことです。

声帯を閉じて声をだすと、「あ”あ”あ‘‘」というぶつぶつした音がでます。

発声を良くするためにプロが実践するメニューです。

シュントの持ち味もこのエッジボイスが効いた声で、オーディション中もSKY-HYに「僕が一番欲しかった声、マジうらやましい」と言われるほど、唯一無二のかっこいい声の持ち主です。


シュント(久保舜斗)の経歴 歌、ダンス歴は?エイベックスにも所属?

5歳でダンスを始め、翌年6歳の頃に歌のレッスンも始めます。

小学校2年生の頃に本格的にアーティストになりたいと考えるようになり、エイベックスアカデミー名古屋校に特待生として入校します。

そこからレッスンを積み重ね、2017年4月にエイベックスアーティストアカデミー名古屋校公式育成ユニット”HIGH-FIVE”という男性6人組グループのメンバーとしてライブやラジオで活動をしていました。

しかし、このグループは2018年3月末に活動を終了してしまいます。

2019年6月にダンス&ボーカル育成企画「a-genic PROJECT」に参加。

ここで”THA FIRST”にも参加した、大山 天と共に最終メンバー12人に残りますが、最終選考で脱落してしまいます。

2020年9月、SKY-HI主催”THA FIRST”オーディションに参加。

2021年8月13日、”THA FIRST”最終選考に合格し、ダンス&ボーカルグループ”BE:FIRST”に選ばれました。
【エクストラロングラッシュ】

THA FIRST(ザファースト)オーディションでシュント(久保舜斗)の実力は常に上位

”THA FIRST”のオーディション時、常にシュントの評価は上位でした。

SKY-HI(日高光啓)からの評価の言葉も「非常にかっこいい」、「ファンになりました」、「あなたは天才です」など、シュント自身が予想してないような言葉が飛び出すことが多く、驚き戸惑っている様子が何度もあったのが印象的です。

自身では、思うようにできなかったと反省の残るパフォーマンスも、SKY-HIからは、表現が間違っていても、その間違った表現がやたらとかっこよく見えてしまうから素敵だ。

と、自分なりの個性を生かし続けて、10代とは思えない高いパフォーマンスでデビューメンバーに選ばれました。

BE:FIRST(ビーファースト)シュント(久保舜斗)の実力とプロフィール


トップを狙いつづけるグループBE:FIRST(ビーファースト)

個性の強い7人が集まり、お互いを尊重し合い1人1人が輝けるグループBE:FIRST。

シュント自身もこのグループを例えて「アベンジャーズみたいなグループにしたい」と話しています。

7人それぞれが主役になれる力を持っていて、そんな7人が集まったグループはとんでもなく強いぞということを世の中に示していきたいと意気込みを語っていました。

BE:FIRST(ビーファースト)シュント(久保舜斗)の実力とプロフィール

トップを目指し続けるのは、とてつもなく大変な道のりだとは思いますが、デビューメンバーに選ばれた時の気持ちを忘れずに持ち続ければ、彼らの名前が世界に知れ渡る日は、遠くないと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました