BE:FIRST(ビーファースト)のジュノン(池亀樹音)の経歴は?プロフィールと家族構成は?

BE:FIRST(ビーファースト)てどんなグループ?デビュー日はいつ? ジュノン

男女混合パフォーマンスグループ”AAA”のラッパーSKY-HY(日高光啓)が、自腹1億円を出資して開催したボーイズグループ発掘オーディション”THA FIRST”(ザファースト)。

日本から世界のトップに挑戦することを目標に、埋もれた才能の原石達が集い誕生したボーイズグループが”BE:FIRST”(ビーファースト)です。

今回はグループの最年長で、美しいハイトーンボイスが魅力のジュノン(池亀樹音)についてご紹介します。


ジュノン(池亀樹音)のプロフィール

BE:FIRST(ビーファースト)のジュノン(池亀樹音)の経歴は?プロフィールと家族構成は?

・名前    池亀 樹音(いけがめ じゅのん)

・生年月日  1998年5月23日

・出身地   東京都

・身長    182センチ

・英語と韓国語が話せる

歌もダンスも未経験ながら、オーディション時から他の参加者がざわつくほど抜群の歌唱力を持つ人物です。

オーディションを受けた時は大学4年生で企業に内定が決まっていましたが、内定先を断って”THA FIRST”(ザファースト)のオーディションに賭け、見事メンバー入りを果たした努力と才能の塊です。

スラリとした長身と物静かそうなルックスから滲み出る色気に虜になるファンが多数います。


ジュノン(池亀樹音)の家族構成

父、母、妹の4人家族です。

父親も昔バンドマンだったらしく、幼い頃から音楽と隣合わせの生活を送っていたようです。

ジュノン(池亀樹音)の妹はソロのシンガーソングライターです。

妹はすでにアーティストとして活動をしています。

BE:FIRST(ビーファースト)のジュノン(池亀樹音)の経歴は?プロフィールと家族構成は?

「れみふぁ#」という名前で、由来は音の”ドレミファ”からきているのだろうと話していました。

JUNON(樹音)さんの名前にも”音”という漢字がつけられており、根っからの音楽ファミリーのようです。


ジュノン(池亀樹音)は過去に韓国でボーイズグループとして活動してた経歴が有り?

ジュノンは歌もダンスも未経験ということですが、過去に韓国のボーイズグループ”VERMUDA”(バミューダ)として活動していた時期があるようです。

加入からわずか1か月でグループが解散

VERMUDA自体もまだデビュー前ということもあり、追加メンバーを募集するオーディションにジュノンが応募したところ選考の結果合格し、メインボーカルとしてメンバー入りが決定しました。

しかし、その1か月後、VERMUDAに加入したのも束の間、メンバーのスキャンダルによりグループは解散となりました。

ほぼアーティストとしての活動らしい活動ができなかったことから、未経験と話しているのだと思います。


ジュノン(池亀樹音)の性格

「マイペースです。何も考えてないようで結構色々考えてます」と自身を自己紹介しています。

また、かなりの人見知りのようで初めて会った人とすぐに明るく仲良く接するのは苦手だそうです。

努力家で根性派

オーディション時も、未経験のダンスの振り付けをなかなか覚えることのできないジュノンは出来るようになるまで心折れず、ずっと続ける姿勢が強いと審査する側のSKY-HYもその心の強さに「ジュノンはあんな顔して根性派」と一目置いていました。

笑いのセンスがある

オーディション合宿中、お風呂でモノマネをよくしていたそうです。

同じ合宿参加者で、現在BMSG練習生のレイちゃん(カドサワン・レイコ)の歌真似をしたり、サザエさんにでてくるタラちゃんの声真似をしながらお風呂の壁に水をぶっ掛けていたという謎のジュノンワールドが炸裂していたことも合宿を共にした仲間内から暴露されています。

レイちゃんはこのジュノンを見て、「絶対この人と仲良くなりたい!」と思ったそうです。(変わり者同士)

また、大事な審査前夜にルイとふざけて戯れあってジュノンは自身の前歯を折ってしまうというハプニングも起きました。

13歳と23歳、10歳の年の差も隔てなくお遊びしてしまうお茶目な一面もあります。
【エクストラロングラッシュ】

ジュノン(池亀樹音)の歌はBE:FIRST(ビーファースト)の中で絶対的な信頼がある

BE:FIRST(ビーファースト)のジュノン(池亀樹音)の経歴は?プロフィールと家族構成は?

「ジュノンといえば”歌”」とメンバーや合宿に参加した仲間達が口々に言うほど、歌唱に対して全員が認めるほどのうまさがあります。

他のメンバーが苦戦する難しい高音パートを抜群の安定感で綺麗に歌いあげてくれるため「ジュノンがバンバン歌ってくれるから安心して任せられてダンスに集中できる」とメンバーのレオは話しています。

楽曲のラストのパートを歌うことも多く「締めのジュノン」と言われ歌唱に絶大な信頼があります。

オーディション合宿中、ジュノンの名言に「未経験っていっても家では歌っていました」とファンの間では有名な発言がありますが、この言葉の真意は自分はプロのトレーナーから歌のレッスンを受けたことはないけど、プロのレッスンを受けた人に負けないくらい歌の練習をしています。

ということを伝えたかったそうです。

自らの力で大きく自身の人生を変えたジュノンが、これからどのようなパフォーマンスを私たちにみせてくれるかとても楽しみです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました